ずれないメガネ研究会                                          トップページへ
  軽いのにずれやすい???


◎ずれないメガネにするための注意点◎

 メニュー

最近、特殊な樹脂などでできた、非常に軽いメガネについて、
「こんなに軽いので、ずれません」というふうな
宣伝がなされているのを見かけますが、
単に「軽いからずれない」というのは、
非常に舌足らずな説明だと私は思いますし、
事実、たいへん軽いけれど、ずれやすいメガネフレームは
いろいろあります。

そういうものをここでご紹介しておきます。



腕による横方向の保持力が不足
腕に弾力性があるのはよいのですが、その腕が細すぎたり
薄すぎたりして、横方向に腕が頭を抱く力が非常に少ない場合には、
「軽いけれど、ずれやすいメガネ」となります。

この場合、その腕の形(上から見た丸み)を
変えられなかったりして、腕の保持力を調整できない
というものであれば、最悪です。


腕が耳よりも前を押さえている場合
腕が、耳よりも前のもみあげ部やこめかみ部を
押さえている場合には、そのように押さえることにより
メガネ全体を前に押し出す力が働いて、
そのメガネ全体がたとえ非常に軽いものであっても、
やはり「軽いのにずれやすいメガネ」となります。

この場合、腕をその根元から広げて、腕の丸みをつけて
腕が耳よりも前を抑えないようにできるものであって、
フィッターがそれをする意思と能力を持ってればよいのですが、
そうでなくて、根元から広げることができない作りになっているとか、
広げることができるものであっても、フィッターにそれに
ついての知識も技術もない、というのであれば、
どうにもならずに、窮屈でしかもずれやすい・・・・
ままのメガネとなります。

少し顔幅の広い人で、腕が耳よりも前を抑えている
ために、きついのになんとなく落ち着きが悪い・・・・
そんなメガネを我慢して掛けている人は、けっこう多いものです。


腕の屈折点の位置が合っていない場合
頭を両横から腕で抱くのではなく、
腕の先を耳にひっかけることにより、
「ずれないメガネ」としているものがあります。
その場合、腕先の屈折点の位置が、
適切な位置よりもやや後に来ると、
なんとなく、しっくり来ない、
少し前にずれているような感触のメガネ
となることがあります。



本当にずれないメガネ、ずり落ちにくいメガネというのは


腕先に足すシリコンゴムのパーツや、メガネバンドをしない、
あるいは、鼻に当たる部分へのパーツの貼り付けなどを
つけないという前提で言えば、

次の条件をすべて満たす場合に限るのです。
メガネ全体の重さがあまり重くないこと。

 いくら重くても30g以内、
できれば20g以内であるのが望ましいです。
 ただし、全重量で10gより軽いというような
極端な軽さは、ずれないメガネとなるための
必要条件ではありません、

フレームの素材が重要

 腕にある程度の弾力性があるものがよいですが、
それがあまりなくても、フィッティング技術に卓越した人が
フィッティングするのなら、OKです。
 ただし、実際のところ、
そういうフィッターは少ないので、腕にはそこそこの横方向での
弾力性がある方がよいです。
そして弾力性だけでなく可塑性も少しは必要です。
そうでないと、腕の丸みを調整できませんから。

鼻に当たる部分が広すぎないこと
個々の装用者の顔に合う大きさであること
フィッターによる適切なフィッティングがなされること
 まれに、フィッティングなしでも良い具合で
かけられることもあるようですが、
それは、あくまでもたまたまそうなっただけのことであり、
誰にでもノンフィッティングで快適にかけられるという
メガネフレームは存在し得ない、と私は言いたいです。

ですので、たとえば、通販で買ったメガネを
そのままで気持ちよくかけられたとしても、
それは単にラッキーだったというだけのことであり、
次にまた通販でメガネを買ったときには、
非常に掛けごこちの悪いものが来て、
それを近隣のメガネ屋でフィッティングしてもらっても
どうにも改善しない、ということは当然あり得るわけです。

とにかく、メガネは重いものよりも、軽いものの方が
その他の条件が同じであれば、ずれにくいのですが、
「軽いからずれない、すれにくい」というような
単純な判断(主張、説)は間違いであると言えます。

あなたのメガネをずれないメガネにするためには
この「ずれないメガネ研究会」の会員店にご相談をどうぞ。


 
このページの先頭へ
メガネはなぜずれるのか?
ずれないメガネにするには
軽いのにずれやすい!
ずれにくいメガネ登場!
全国の会員一覧 
リンク
会員店の募集