ずれないメガネ研究会                                          トップページへ
  メガネはなぜずれるのか
 メニュー
○あるメガネがまったくずれないメガネであったとして
「ではそれはなぜずれないのか」と、考えてみましょう。

それには、逆に、
メガネがずれるのはなぜか、
と考えてみるところからスタートします。


メガネがずれる原因としては、
主として下記のようなものでしょう。
(1)枠の設計の問題 ・頭を抱える力が逃げてしまう腕である

 (ある種の人気ブランドの枠にも、そういう枠があります)

・腕を広げられないので、どうしても、腕がこめかみを
 圧迫してしまう。

 (いくつかのメーカーの枠にときどきあります)
(2)その枠と装用者の適合性が悪い 枠選びの的確さの問題です。
これは、枠の選択をもっぱらユーザーに委ねる方式の
割安な価格のメガネ店に多いです。
メガネの専門店というのは、メガネだけを取り扱っているから
「専門店」というのではなく、専門的な知識から商品選びのときに
的確なアドバイスができる店のことを指すのですが、その意味で、
均一価格などの店では、必ずしもそういうアドバイスがなされていない
ケースがあるようで、そうなると、それはもはや「専門店」とは言えず、
単なる「専業店」でしかないのです。

専門店であれば、一端ユーザーが選んだ枠でも、そのメガネとそのユーザーの
適合度が低ければ、そのことを述べて、別の枠にするようにアドバイスを
してくれるはずです。

その枠と装用者の顔(頭)との適合性が悪ければ、いくら上手な人が
フィッティングしても、どうにもならないことがあります。
(3)メガネの重量の問題 枠とレンズを合わせて30グラムを超えると、いかに上手に調整しても    ずり落ちやすくなる……ということが、ときどきあるようです。
 これは、中程度以上の度数で、大きすぎる枠にレンズを入れた場合
などに、ときどきある現象です。
この場合には、より小さめの枠にレンズを移し替えることにより
解決出来る場合もあります。
(4)フィッティング技術の問題 これは多いです。
他店でお求めの枠で、ずり落ちやすいものを、
当店で調整して、その場ですぐにずり落ちにくくなって
喜ばれることは、よくあることです。

私の実感を申しますと、我が国のメガネ店のスタッフで、
検眼やフィッティングについて、確かな技術を持っている人は
さほど、多くなく、特にフィッティングは、最低限必要な技術を
持っている人は、全体の一割もいないように思います。
(5)使用開始後の枠の変形(腕の開き) メガネを使用し始めたころは別に問題はなかったが、
何ヶ月か(あるいは、何年か)使っているうちに、
腕が段々と開いてきて、ずり落ちやすくなってくることは、
よくあることです。
その場合には、腕の開きを修正することにより
解決することがほとんどです。
(6)スポーツ・手術執刀などで汗を掻く これは、フィッティングだけでは解決しないことが多く、
メガネの腕の先に、耳に引っかかる特殊パーツを
つけたり、メガネバンドをつけたりすることで
解決する場合が多いです。
(7)ユーザーの顔や頭の形がやや変わっている 鼻根の隆起がたいへん少ないとか、あるいは、
耳の後ろのおくへのすぼまりが少ないとかで、
適切な枠でせいいっぱいフィッティングしても
ずり落ちやすさが消えない、ということが、たまに
あります。
この場合も、何らかの小道具で対応することが解決策
となります。
これらに対する適切な対策が講じられていれば、ずれないメガネになるわけです。

あなたのメガネをずれないメガネにするためには
この「ずれないメガネ研究会」の会員店にご相談をどうぞ。

 
このページのトップへ
メガネはなぜずれるのか?
ずれないメガネにするには
軽いのにずれやすい!
ずれにくいメガネ登場!
全国の会員一覧 
リンク
会員店の募集