ずれないメガネ研究会                                          トップページへ
  ずれないメガネにするには


◎ずれないメガネにするための注意点◎

 メニュー
(1)メガネを選ぶとき 枠の選定をユーザーに委ねるのみのメガネ店で
メガネを買うことは、なるべく避けましょう。
その店に並んでいる枠なら、どれでもあなたに適合するわけではありません。
 技術者が十分な鑑識眼でもって、個々のユーザーに適切なアドバイスをしてくれる店がよいです。
 
そして、ユーザーが、自分が欲しいと思う枠があった場合に、
「似合っているかどうか」ということの他に、「サイズ的に、
あるいは、力学的にこの枠は自分に適合しているのかどうか」
ということを店の人に尋ねるのがよいのです。
それで、「合っています」というのであれば、どこがどう合っているのかを聞きましょう。
それで的確な返事がなければ、その店でメガネを求めるのは
やめた方がよいかもしれません。

 商品を選ぶときにセルフセレクションではなく、
専門的なアドバイスを聞けるのが専門店の価値です。

 そういう店でメガネを求めたいものです。
(2)高度なフィッティング技術で枠を調整してもらいます。 その店が、フィッティングに関して、しっかりした見識や技術を
持っているかどうかを見分ける方法については、
こちら↓をご覧ください。

 http://homepage1.nifty.com/EYETOPIA/sp/kensa/0904041.html
(3)重すぎるメガネを購入するのは避ける。 ただし、軽ければ必ずずれない、とも言えないわけです。
でも、重すぎるメガネ、は、とにかく良くないので
極力避けたいものです。
 
たとえば、強度近視の場合には、ともすれば重いメガネになりがちですが、
ウスカル眼鏡にすれば、たいへん軽くて(ほとんどの場合に、20g未満で
おさまります)、レンズの厚みも薄いメガネができます。
ウスカルメガネについては、下記をご覧ください。

  → ウスカル会
(4)アフターケアー アフターケアーとしてのフィッティング調整をしてもらいましょう。
(5)スポーツなどで汗を掻く人の場合 スポーツなどで汗を掻く人の場合には、
それに応じた対処(メガロック、シリコン腕カバー、ズレピタ貼附など)をします。

そうすれば、ずれるメガネにはならないわけです
あなたのメガネをずれないメガネにするためには
この「ずれないメガネ研究会」の会員店にご相談をどうぞ。


 
このページのトップへ
メガネはなぜずれるのか?
ずれないメガネにするには
軽いのにずれやすい!
ずれにくいメガネ登場!
全国の会員一覧 
リンク
会員店の募集