ずれないメガネ研究会                                          トップページへ
  「隠れ斜視」って ナニ??


 メニュー

テレビの「たけしの本当は怖い家庭の医学」や
NHKの「ためして ガッテン」で取り上げられた
   
「隠れ斜視」について説明します。

   この
「隠れ斜視」というのは
   私たちの間での専門用語では
「斜位」というもので、
   もちろん昔から周知のものです。

   どういうものかと言いますと、普通は両眼で見た物が、
  普通にひとつに見ること(融像視)ができるのですが、
     片方の眼を遮蔽するとふさがれたほうの眼は
見ている目標物の 方に向かわずに、
眼の位置が少しずれます。それが
「斜位」です。

   大半の人は多少の
「斜位」を持っています。
    大きくわけると、眼が水平方向にずれる水平斜位と
    垂直方向にずれる上下斜位があり、
    そのずれの量にもよりますが、
    水平斜位は、眼精疲労に結びつきにくく、
    上下斜位は、眼精疲労を引き起こしやすく、
    場合によっては、時々ものが二つにダブって
    見えてしまったりすることもあります。

   私たち「ずれないメガネ研究会」の会員は、当然ですが
    視力検査において、斜位があるかどうか、
   あるとすれば、どれくらいか
   それをメガネで矯正したほうが有効かどうか
   ということを調べます。
    そして、矯正したほうがベター、となれば、
   それをプリズム矯正という方法で矯正します。


 当然ですが、「斜位」のせいで、眼精疲労が
   強くなっている人もいるわけです。



   丁寧に眼位測定をするならば
   斜位のプリズム矯正が有効な場合が
  全体の1割を超える位ではないかと思われます。

   うまく斜位を矯正したメガネは劇的に眼精疲労を鎮め、
   ものをはっきりと立体的に見せたりする効果があります。


  「自分には隠れ斜視があるのではないか。」
   それが原因で自分は眼が疲れやすいのではないか」
   と心配しておられるかたは、
   当研究会の会員店で、一度検査を受けて
   みられることをお勧めします。



「隠れ斜視」の検査をお考えのかたは
「ずれないメガネ研究会」の会員店にご相談をどうぞ。


 
メガネはなぜずれるのか?
ずれないメガネにするには
軽いのにずれやすい!
ずれにくいメガネ登場!
全国の会員一覧 
リンク
会員店の募集